●会社概要 ●社長あいさつ ●地図・アクセス



事業をとおして、社会に貢献のできる企業であり続けたい


 弊社は、昭和26年に、前身の中日本紙業株式会社として発足しましたが、その後、紙類を中心に、日本たばこ産業株式会社様との取引が拡大したことに伴い、平成3年に、陽光商事株式会社、中央紙業株式会社、協和株式会社と合併し、社名を、「株式会社ユニック」として現在に至っております。

 取引資材につきましては、たばこ用資材として、たばこ包装用原紙、アルミ箔貼合用原紙、および葉たばこ包装用当紙などを取り扱っておりますが、たばこ産業向け以外におきましても、包装用紙、段ボール箱、化成品などを取り扱っております。

 
これまで、取引資材につきましては、常に、低コスト化と品質管理に最善を尽くしながら、安定的な供給に努めてまいりました。今後も、時代の要求する高品質製品の供給、開発に努力を続けてまいりたいと考えております。


 また、弊社では、農業分野における環境保全のため、土壌中で完全に分解する「生分解性マルチフィルム」の開発を進め、製造、販売を行っております。
 商品である「キエ丸」、「ユニグリーン」は、収穫後に土の中に鋤き込めば分解・消滅するので、マルチの剥ぎ取りや廃棄物処理が不要となり省力化ができることから、農業に携わる方々から高い評価をいただいております。弊社としては、人と環境に優しいこれからの農業のため、さらに高品質のマルチフィルムの提供を目指してまいります。


 企業としての維持・発展を目指しながら、取引先の皆様方の信頼をいただくよう努力し、あわせて、事業活動を通して、社会に貢献できる企業としてあり続けたいと考えておりますので、今後とも、一層のご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。


代表取締役社長  塩路 龍郎


Copyright All Rights Reserved (C)UNYCK